« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月の記事

2012年1月31日 (火)

気がつけば

Be patient

 気がつけば年が変わったのはついこの間と思っていたら、もう1月が終わろうとしている。出講日以外は、世間の義理を欠くことを承知で、年末からずっと仕事にかかりっきりだった。昨年来、何冊か大きなプロジェクトが始まっているのだが、わが身は一つなので、思うにように仕事ができなかった。
 振り返ると、大学受験の時よりも、大学院時代驚くほど勉強したし、近年では病後、それまでの何倍も仕事をしている。時に体力がなく、ヘルペスになったり、最近では喘息になって、そのたびに仕事が停滞した。自分ではそのつもりはないのに、知らず焦ってしまって、一日にできる以上のことをしようとしまって、身体が強制的に仕事を止めさせるように思える。
 4月で病気になって6年が経つ。入院していた時は、外に出られなくても、本を書けるくらいには回復させてほしいと主治医にいって困らせたが、その時の予想以上に回復していることを本当にありがたいと思う。講演に行く機会もあまりないので、その代わりに書いたとあとがきに記した本があるが、今となっては思い詰めていた。
 年始に書いたきりで、時機を逸した感はあるが、あらためて今年もよろしくお願いします。

| | コメント (10)

2012年1月 5日 (木)

今年もよろしくお願いします

Do something immediately

 新年の挨拶が遅れ申し訳ありません。
 仕事が立て込んでいて、講義がない年末、年始とずっと仕事をしていました。
 昨年は、体調が優れず、喘息になり、治療を始めることになりました。振り返れば、ずっと前から喘息だったのかもしれません。息が止まるかと思うような苦しさを経験したりしましたが、今は落ち着き、気力も漲ってきました。
 父の具合がよくなくて、一週間入院しました。今いる施設にいられなくなるのでは、そうするとまた父を家で介護しなければならなくなる、仕事はどうするのか、そんなことを考えたら、不安が膨らみ、ある夜、救急外来に駆け込むことになりました。
 父は幸い、また元の施設にいられることになりましたが、父の状態次第では今後も綱渡りのようなことが続くかもしれません。
 

| | コメント (7)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »