« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の記事

2011年8月27日 (土)

向日葵

Sunflowers at last

 今年はもう向日葵を見られないかと思っていた。咲いているのを知り、暑さをものともせず、カメラを持って出かけた。向日葵を見ると、チェルノブイリと福島のことを思わないわけにいかないのが悲しい。

| | コメント (0)

2011年8月 8日 (月)

花火

 身体の中で猛威をふるっていたヘルペスウィルスがようやく落ち着いてきた。振り返れば、バイパス手術を受けた2007年以降、毎年発症している。自分としては手術後元気になれたと思ってきたが、全身麻酔による手術は「侵襲」だったことを今さらながら思う。
 昨夜は家の近くで花火大会があってたくさんの人が集まった。例年は川の近くにある父の家で見ることが多いのだが、今年は少し離れたところから見た。

| | コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

復調へ

 ちょうど風邪で内科を受診して一週間が経った。声が出なくなってしばらく家でもほとんど話さなかった。普段はよく話をしているので不便、不自由甚だしかったが出ないものは仕方がない。それでも少しずつ日を追って復調と共に声も出るようになったが、木曜、出講した時にはいつものように声が出ず、学生を驚かせることになった。
 日曜日は高松で講演。なんとか声は出たが、この日は前日からヘルペスを発症してしまったこともあって常のように休むことも忘れて話し続けるということができず、一時間ごとに休憩を入れてもらった。ヘルペスは去年、父を施設にあずけることになった少し前にも発症し、疲れたり、風邪を引くとなりやすということである。最初は、バイパス手術をした後退院してすぐにかかった。ある意味、健康のバロメータといえないことはない。抗ウィルス剤を処方してもらったが、既にピークをすぎているので効果のほどは明らかではない。
 そして、今日は日赤受診。これは定例の診察である。久しぶりの心臓エコー。手術をした2007年からしてなかった。診察の際、動画を見せてもらった。しっかりと動いていて、安堵した。次は10月。また命拾いした気がする。検査入院の話が出てこないか診察の度に怖れている。

| | コメント (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »