« 5年ぶりの復帰 | トップページ | までいライフ »

2011年6月19日 (日)

優先すべきなのは

Soft-landing

 カタリナ高校の講義から帰った時、ふと見たら玄関の戸に蛍がとまっていた。じっと動かない。日が落ち夜になった時、再び見に行くと、ゆっくりとほのかな光を点滅させていた。近くの川に放しに行った。何度か光りながら回転して闇夜の中へ消えていった。

 空も海も大地も国境とは関係なくつながっている。とんでもないことが起こったと覚めない悪夢を見続けている気がする。
 経済の停滞を怖れ安全宣言を出し、原発の再稼働を政府が促すのを見ると、国益というのは国民の命ではなかったのだと思わないわけにいかない。
 「ここにいたら〔外で〕何が起こっているかわからん」と父はいう。天候の話の他に、地震があった、原発の事故があったという話もするのだが。

|

« 5年ぶりの復帰 | トップページ | までいライフ »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

先生は京都のお生まれでしたね。
「アドラー心理学入門」を読了しました。
「基本的な誤り」とか「私的論理」がCBTと重なりもっと勉強したくなりました。
写真がとっても素敵ですね。
いろいろ楽しませていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: suikyou | 2011年6月22日 (水) 20時36分

suikyouさん
 ありがとうございます。ブログに京都の地名があり、嬉しくなりました。自然に恵まれたところに住んでいるので、近くに鳥や蝶がいて花が咲いています。不思議なことに、子どもの頃はそのことのありがたさを感じたことがなかったのです。

投稿: 岸見一郎 | 2011年6月22日 (水) 21時01分

「ここにおったらって、どこにおったってわからんのと
ちゃうの?」
と突っ込みを入れたくなる言葉ですね。
でも、心の中でだけでも突っ込める時は
こちらに余裕がある時ですよね。
こちらに心身ともに余裕が無いと
こういう言葉に本気でギョッとしてしまいます。
先日、本屋さんで綾戸智恵さんの本を見つけました。
先生との対談のページをめくってみましたが、
目で字を追っていても言葉として頭に入ってきません。
「あかんわ、アタマにスキマが全然無いわ」
と思って棚に戻し、「自分のおもりをせねば」と
帰ってきました。

投稿: ちばちゃん | 2011年6月26日 (日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年ぶりの復帰 | トップページ | までいライフ »