« 優先すべきなのは | トップページ | 『個人心理学の技術I』 »

2011年6月22日 (水)

までいライフ

2011年6月22日水曜日
Rain or shine

 飯舘村の基本理念は「までいライフ」。までいは真手に由来し、丁寧に、じっくりと、手間暇惜しまずにという意味である(『大震災のなかで 私たちは何をすべきか』p.iii)。美しい村を去らなければならない飯舘村の人の無念を思う。
 福島原発が少しも収束の気配もないのに、海江田経産相は「世界に貢献している日本経済に急ブレーキはかけられない」」と原発を再稼働しようとしている。だからといって、一度事故が起これば(地震がなくても事故は起こる)制御不可能な原発の稼働を犯していう理由にはならない。今は、原発事故によって世界に負の貢献をしている。これだけの迷惑をかけた、だから原発は止めるというのであれば筋は通っているが、福島のことはなかったかのように原発推進を表明することが他国から好意的に受け止められているとは思わない。他国はともかく、結局、経済の方が国民の命のほうが大切だと国は考えているのかと思うと、人の苦しみへの共感能力、想像力が貧困な政治家に原発の今後を決めさせることに不安を感じないわけにいかない。

|

« 優先すべきなのは | トップページ | 『個人心理学の技術I』 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優先すべきなのは | トップページ | 『個人心理学の技術I』 »