« そんな車はいらない | トップページ | 憂うつな日々 »

2011年5月24日 (火)

international crisis

2011年5月24日火曜日
weathered butterfly

 週末、父のところへ行ってきた。夕食前だったが、父は部屋で熟睡していた。あまりに深く眠っていたので起こさずに洗濯物を持ち帰り、着替えを入れて帰った。
 今、起こっているのは決して国難(national crisis)ではなくinternational crisis。日本だけが放射能の被害に曝されているわけではない。
 原発についての考えは様々あるはずだが、G8で首相が日本が「脱原発」に転じたとの見方を払拭する演説するというような記事を読むと、首相が個人的に批判されるのはともかく日本は事故がなかった(まだ過去形で語ることもできないのだが)と取られるとしたら不本意である。こんなことだけはぶれないリーダー。個人レベルでも方針を転換することは勇気はいるが、もう戻れないというようなことはない。
 6月9日に東京で講演をする。「今こそ、いかに生き抜くか」というタイトルで。

|

« そんな車はいらない | トップページ | 憂うつな日々 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

放射能の被害に曝されているのは日本だけではありませんが、今回の事故はチェルノブイリに次ぐ大事故です。政府の特に初期の対応はほめられたものではなく、母方の親戚一同数十人がが福島のいわき市に居り、皆ひどい目にあいました。千葉県の私の住んでいる地域は、関東のホットスポットらしく、地上1mで放射線量を測った場合、福島のいわき市や白河市と同じだそうです。モニタリングポストなるものは地上近くではなく、高い場所に取り付けられているようですね。地上近くで生活している人が多いのに、それで大丈夫と言われても…。小さい子供が特に心配です。3月の数日間の水道水は大人も飲んではいけないくらい汚染されていたのに知らされず、しばらくして数値が下がってから発表されました。わかっていたのにです。赤ちゃんのミルクにも使ったでしょうし、家の中学生の息子もがぶがぶ飲んでいました。もうまったく…こんなこともあんなことも後で調べてみてわかったことで、私もついこの間まで知らず、いまだに知らない人も多いのです。自治体も信用できないと感じました。あちらこちらで被爆が現在進行形なのに、G8の首相の演説の記事などは苦々しい思いで読みました。

投稿: yukimama | 2011年5月25日 (水) 01時38分

 先生、ご無沙汰しています。
最近、久しぶりに、花を、育て始めました。
はじめは、子供が、その上に、転んでも
危なくないように、春先に、出回るパンジビオラ、
などでしたが、一度、置き始めると、
とまらなくなってしまって、ずい分、増えました。
こういう、うるおい一つで、
気持ちって変わりますよね。
子供の洗濯物とご飯しかみない日が
何年も、つづいたあとなので、ひとしおです。

先日のブログの保育園の先生とお話したお話、
感動しました。自分の子供だけど、
たくさんの方に、お世話になって、
成長しているとおもいます。

介護でも、たくさんの方に、かかわってもらうほうが
いいというのは、マンパワーって、やっぱり
あったほうが、いいんんですよね。

緑が、都会は、少ないので、自分で、
増やそうとおもいました^。^

先生とお話した頃から、10年以上経ち、
細かい部分で、いろいろでて、医者ばかり、行ってます~。~

 蒸し暑くなりますが、先生も、どうぞご自愛ください。

投稿: チワワ | 2011年5月25日 (水) 20時33分

yukimamaさん
 最近の状況についてfacebookに書いたら、もうfukushimaのことは心配しなくていいと思っていたのに、とギリシアの人からのコメントがありました。悲観的になるのもどうかと思いますが、政府や東電が最初の頃(今もかも)安全といっていたのは実はそうではなかったことを知り、愕然としました。東京に住んでいる息子は水道水を飲むこと一つ取っても慎重です。世の中には二種類の人がいる、とよく使われる言い回しを思い出していました。原発のことを知っている人と、知らない人。正直、僕も最近知ったといっていいくらいです。もはや後戻りできません。

投稿: 岸見一郎 | 2011年5月25日 (水) 23時24分

今一番民主党に噛み付いている自民党が
原発推進した結果がこれなんですから、
政権奪取したところで巧くいくのかどうか。
私たちが今こそどう生き抜くか‥‥。
噛み付かず、静かに、しかし確実に
必要なもの(心)を手に入れる力を身につけなければ
いけないのでしょうね。
アルコール依存症の自助グループでの平安の祈り、

神様 私にお与えください
変えられないものを受け入れる落ち着きを
変えられるものは変えていける勇気を
そして 二つのものを見分けられる賢さを

も、単なる神頼みでは手に入れられないものです。
今日一日だけ、今一瞬だけ飲まずにいようと決める
日々の静かな、たゆまぬ努力の末にしか与えられません。

投稿: ちばちゃん | 2011年6月 4日 (土) 01時19分

 原発についてはこれまでも安全とは思っていませんでしたが、知識が十分ではなく、大きな事故が起こり、収束の見込みも立たず、大変なことになっている今に至るまで何もしてこなかったことの責任を感じます。安全な原発はありません。代替案がないとしても原発は止めるしかないと今は考えています。

投稿: 岸見一郎 | 2011年6月 6日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんな車はいらない | トップページ | 憂うつな日々 »