« 水仙の季節 | トップページ | 安全だが安全でない »

2011年3月23日 (水)

翡翠

Flying jewel

 一時よく見ていた川で翡翠を見かけなくなって心配していたが、また別のところで見ることができるようになった。高い桜の木にとまったこの翡翠は数秒後急降下して魚を加え、飛び去った。
 息子が東京から帰ってきている。新学期は5月連休明けになったので、しばらくゆっくりできたらいいのだが。もう大きくなっているが、地震の時は心配だった。

|

« 水仙の季節 | トップページ | 安全だが安全でない »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

事務所の前の道路が男子校の通学路なので、
今年も入学式の日は大き目の学生服を着た
男の子と少し離れて歩くお母様たちを見ました。
今年の新一年生のサブバッグの肩紐の色は赤でした。
数年前までは、その幼さの残る姿に
その頃の自分の息子を重ねては、
寂しいようなうれしいような気持ちでいましたが、
もう、どこをどう見ても重ならなくなりました。
大人になってしまった息子と
若いつもりでもおばさんになってしまった
自分の現実のギャップが切ないです。

投稿: ちばちゃん | 2011年4月 8日 (金) 20時30分

 僕もいつまでも若いと思っています。過日、四半世紀ぶりで息子がお世話になった保育園の人と街で会いました。子どもたちのことをよく覚えてくださっていて驚きましたが、今、子どもたちの姿を見ても、子どもたちともはや重ならないというのは本当です。あっという間に時は過ぎたのですけどね。

投稿: 岸見一郎 | 2011年4月13日 (水) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水仙の季節 | トップページ | 安全だが安全でない »