« 5回目の誕生日 | トップページ | 翡翠 »

2011年3月22日 (火)

水仙の季節

in time of daffodils 水仙

 父を訪ねた。地震のことは知っていて、でもここにいたらわからんといっていた。当然、今回の地震のことは話題になっているだろう。
 昨日、急ぎの仕事の原稿を送れ安堵したからか、夜一度も目が覚めることなく眠ることができた。

|

« 5回目の誕生日 | トップページ | 翡翠 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

鈴鹿講演最前列のじゃすです。先生先日はお誕生日おめでとうございます。先生の文章を読み、1年過ごせる大切さを実感します。ご母堂様と同じ誕生日とは珍しいですね。今年も素敵な一年になりますように。未曾有の震災で心が痛みます。私は阪神大震災に遭いその後3ヶ月ボランティアで活動しました。今はただ祈るしかできません。そしてなぜかアドラーの言葉を、先生のご著書をこの時期にまた読み返したくなりました。人の力を、自分の力を信じたいですね。 水仙きれいですね。先生の写真でお出かけ気分になるので、写真もいつも楽しみです。

投稿: じゃす | 2011年3月23日 (水) 14時16分

じゃすさん
 同じ日に誕生日だった母は僕の誕生日のせいであまり祝われなかったのではないかと思います。自分より息子という感ではありました。50歳になった時、これが母が祝えなかった50歳の誕生日か、と感慨深いものがありました。そしてほどなく僕は倒れてしまい、僕も母の年を越したと思ったけれど母と同じように早く死ぬのかと病院に搬送された時思いました。この病気の後、理不尽な若すぎる人の死、自然災害、事故、事件などについての考えは大きく変わりました。

投稿: 岸見一郎 | 2011年3月23日 (水) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5回目の誕生日 | トップページ | 翡翠 »