« 毎日続ける | トップページ | 新しい月 »

2011年2月28日 (月)

子どもにもできないこと

A sign of spring

 また少し肌寒く感じられる日になったが、また花の写真を撮れるようにうれしい。写真は節分草。節分の頃に咲くということからこの名前がついているが、そんなに早くは咲かない。
 確定申告を終え安堵。一日、仕事を諦めるくらいの気持ちになればすぐにできるのだが、もっと他にしなければならない仕事があると思っていつまでも取りかかれなかった。
 去年の今頃は4月に出版する本を書くためにもっと忙しかったはずである。それに父の家にも毎日通っていた。それを思えば今はこんなにも自分で自由にできる時間があって、その時間を仮に何もしなくても仕事が滞るはずはないのだが。今進めている仕事が二つあって、そのうち一つは少しゴールが見えてきた。
 週末父のところへ行ってきた。久しぶりと声をかけられる。何しにきたといわれたよ、と妻がいう。お父さんに会いにきたのですよ、と返せるところは見習わなければ。僕は久しぶりではないと返したくなる。退屈だと父は必ずいうのだが、ごく限られた人としか接していなかった頃を思えば、いろいろなことがわかるようになってきた。何もわからないほうがいいように思ったこともあるが、回復するということがたとえ自分が置かれている現実を知ることであり、そのことで苦しむことになっても、それこそが生きるということなのではないか、そしてその苦しみを引き受けることになってもそれは父の課題であって、つまり父が解決しなければならないことであって子どもが代わるわけにはいかないということを『介護のための心理学入門』の中で書いた。もちろん親が混乱し(たびたびあったことだが)苦しむのを傍観するつもりはないが、子どもにもできないことがあることを知ることは必要で介護の出発点だろうと考えている(したがって、到達点ではない)。

|

« 毎日続ける | トップページ | 新しい月 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

可愛いお花の写真、ありがとうございます。1日の梅のドアップも素敵です。梅のドアップはあまり見たことが無いので、“おぉー”と思いました。
苦しむ事になっても、現実を知る方がいいとありますが、そして、父の課題とありますが、私の場合、子の課題と思っても、私が苦しいです。で、私が苦しいのがイヤで、娘の課題を奪っている場合があります。難しいです。
確定申告、忘れそうでした。今日、頑張ります。
いつも、ありがとうございます。

投稿: 赤坂 多恵子 | 2011年3月 3日 (木) 09時51分

 新しいカメラはレンズを換えないといけなくて、前のようにマクロ写真を思うように撮れなかったのですが(そもそも接写する花が咲いてなかったこともありました)、レンズを換えるすべを覚えて交換用のレンズを持ち運ぶようになりました。肉眼では見えないものも見えてくるのが好きです。梅ならまだ大きいので見えますが。
 親の課題であることを押さえておかないと、子どもが必要以上に負担を感じることがあります。親を基本的には子どもが幸福にすることはできないと知った上で、なお何ができるかを(可能なら親とも)話し合いたいのです。

投稿: 岸見一郎 | 2011年3月 4日 (金) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎日続ける | トップページ | 新しい月 »