« 人生を直線的に捉えない | トップページ | 英気を養う »

2010年12月24日 (金)

今度はいつ

Morning glow

 22日に今年の講義終了。来年に4回講義を残すだけ。23日は毎月一度の読書会。2006年の9月から続いている。
 今日は夕方、父に会いに行った。「お正月はどうしようかなあ」という。どうするといわれても困り返事に窮した。「みんな帰るんだ。誰もいなくなる」。二年前の今日、父は入院し、病院で年を越した。その時のことを思い出しているのかもしれない。
 帰り、一緒にいった妻がいう。「お父さん、今日初めて『今度はいつきてくれるんや』といわはった」と。そんなことを父はこちらに帰ってきて初めていった。
 写真はある日の朝焼け。早起きしたら必ず見られるというものではないが、寝ていたら見られない。

|

« 人生を直線的に捉えない | トップページ | 英気を養う »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

岸見さま
ご無沙汰しています。

>早起きしたら必ず見られるというものでは
>ないが、寝ていたら見られない。

とても心に響きました。
この言葉が響いたのはなぜなのかをじっくりとかみしめたいです。

投稿: sachie | 2010年12月25日 (土) 22時31分

sachieさん
 僕の方こそご無沙汰ごめんなさい。
 朝焼けのことだけでなく、人生全般にいえることでしょうね。

投稿: 岸見一郎 | 2010年12月26日 (日) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生を直線的に捉えない | トップページ | 英気を養う »