« 選ぶのはむずかしい | トップページ | 父の誕生日 »

2010年10月16日 (土)

難しそうだが描けるだろう、と

where have the flowers gone?

 父のところへ写真を持っていこうと思って、常は自分の写真をプリントアウトした試しがないのだが、近所のコンビニへ行った。コピー機を使ってA4サイズにプリントアウトできることをホームページで確かめて行ったのに、SDカードを読み取るアダプターが置いてないので、使えないといわれた。しかたなく、スーパーにあった機械を使ってみたが、意図しないふうに写真が切れてしまい、4枚用意した1枚だけを父のところへ持っていった。それがこの写真。
 ちょうど父は絵を描いているところだった。写真を渡すと「難しそうだが描けるだろう」と指で輪郭をなぞった。
 認知病棟から一般病棟へと来月の初めに移ることになった。落ち着いてきたので大丈夫だろうという判定が会議で出たということだった。部屋も個室から4人部屋になる。
 いつもは父に会って帰る時、泣きそうな気持ちになるのだが、久しぶりに明るい気持ちになった。

|

« 選ぶのはむずかしい | トップページ | 父の誕生日 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

いいですね、この写真。画面にカーソルを置くと出てくるタイトルも素敵です。
お父様の絵も是非拝見したいです。

投稿: 山田ゆみ | 2010年10月18日 (月) 09時38分

この絵は父にはいささか難しかったみたいです。花や風景は画いてきたみたいですが、鳥の絵を描いたことはあまりなかったかもしれません。でも、みんなに上手だといわれてな、と嬉しそうにしていました。

投稿: 岸見一郎 | 2010年10月18日 (月) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選ぶのはむずかしい | トップページ | 父の誕生日 »