« 自分で確かめられない/Kindle | トップページ | 今なら少しわかる »

2010年6月 1日 (火)

完了/画面に触れてしまう

Purify yourself

 昨夜は遅くまで、なかなか思うように進めることができなかった『人生の意味の心理学 下』の巻末に載せる解説原稿を書き終えた。5月中に完成しようと思ったが、日が変わっていた。それでも書き終えたので、今日は解放感がある。早くも次の仕事のことで頭がいっぱいなのだが。
 これから父のところへ行こうと思うのだが、雲行きが妖しくなってきたので行こうかどうか迷ってしまう。
 初めてiPadに触った。画面が大きいので、いつもと同じように(ソフト)キーボードで入力しようと思ったが、ホームポジションに指を置くということができず、少しでも画面に触れると、その文字が入力されてしまい、とてもこれでは短い文ですら入力できないと思ってしまった。指一本でぽつぽつ入力するのなら問題ないのだろうが。Kindleにもキーボードがついているがほとんど使ったことがない。本を読むことに徹しているからだが、Kindleで例えばtwitterをしようと思えば(もちろん、できる)この指一本(右と左の人差し指を使うなら2本)でしかキーボードは打てない。

|

« 自分で確かめられない/Kindle | トップページ | 今なら少しわかる »

Flickr」カテゴリの記事

Mac/iPhone」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

先日カフェでⅠpadを使っている女性を窓越しに見つけました。
どうやって文書入力をするのかと不思議だったのですが、
ATMのように画面上にキーボードが出てくるんですね。
その女性は器用に早打ちをしていたので、
思わず窓ガラスに張り付いて見てしまい、
驚かせてしまいました。
私もきっと違うキーをたたいたり、
一度に二つのキーを打つと思うので
「私には宝の持ち腐れだわ」と買えない負け惜しみを
つぶやいています。

投稿: ちばちゃん | 2010年6月 5日 (土) 22時03分

 慣れれば速く入力できるようになるのでしょうね。
 iPadを出しても誰にも注目されないのも残念でしょうから、驚かれたのと同時に少し嬉しく思われたのかもしれません。Kindleでは誰も驚きません。
 新しいiPhoneも発表になり、夢ばかりが膨らみます。

投稿: 岸見一郎 | 2010年6月 8日 (火) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分で確かめられない/Kindle | トップページ | 今なら少しわかる »