« 『アドラー心理学 シンプルな幸福論』 | トップページ | 社会との接点 »

2010年4月10日 (土)

そのうちに全体の意味が

In the dusk of the evening

 今日は半年ぶりのヴァイツゼッカー研究会。木村敏先生は元気そうでよかった。ドイツ語のテキストの読み方について教えられることが多い。難解な箇所が多く、一人であればきっと読み通すことができないといつも思う。衆知を集めても理解できないことがある。先生はいわれる。「そのうちに全体の意味がわかればいい」と。わからないことをわからないといえるためには勇気が要る。
 鴨川の土手を歩いた。もう日が傾いていたが、最後の花見にたくさんの人が集っていた。
 iPhoneのアプリにLexiphanes Greek Dictionaryことを教えてもらって、帰ってから調べたら、Liddell & Scott Greek-English LexiconとAuthenriethのA Homeric Dictionaryが入っていた。この(古代)ギリシア語英語辞典は分厚いもので持ち運ぶのは不可能。昔、飼っていたシェパードがよく枕にしていた。僕はこの辞書を二冊もつぶした。もちろん、投げたりしたわけではなく、何度も何度も引いたからだが、学生時代、3万円ほどしたはずのこの辞書が230円とは驚きである。父の家と自宅に二冊の辞書を置くことができず困っていたが、これで一挙に問題が解決してしまった。しかもiPhoneの中に収まっている。データ量は34.1MB。今はこんな時代。

|

« 『アドラー心理学 シンプルな幸福論』 | トップページ | 社会との接点 »

Flickr」カテゴリの記事

Mac/iPhone」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アドラー心理学 シンプルな幸福論』 | トップページ | 社会との接点 »