« 震える月 | トップページ | 帽子とマフラーが »

2010年3月31日 (水)

乗り切った

 3月を乗り切ることはできないのではないか、と何度も思ったが、なんとか新しい月を迎えることができそうだ。タイマーをあわせずに、心ゆくまで眠りたいくらいだが、そういうわけにもいかない。いくつもの締切に追われたが、迷惑をかけずに責任を果たすことができてよかった。
 次は10日までに5月に出版する翻訳の校正を終えなければならない。
 仕事があるというのは嬉しい。
 Twitterで野口聡一さんをfollowしたのがきっかけになり、宇宙関連の本やコミックが思いがけず集まってきた。『宇宙兄弟』(小山宙哉、講談社)を読み始めた。

|

« 震える月 | トップページ | 帽子とマフラーが »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 震える月 | トップページ | 帽子とマフラーが »