« 行きたいなあ、と | トップページ | 少し気が晴れた »

2010年3月15日 (月)

あきらめずに続けられるか

powerful flight


Under the radiant sun

 父の家の木瓜が咲き出した。Flickrに載せ、twitterからリンクしたら、アメリカの人たちに人気があった。
 この鳥の名前はわからない。白鷺や青鷺とは違って、小さな鳥が飛んでいる写真は僕のカメラと技術ではとても撮れない。飛び立つ時に、一声啼いたのかもしれない。
 twitterといえば、野口聡一さんをフォローしている。『オンリーワン ずっと宇宙に行きたかった』(新潮文庫)にこんなことが書いてあった。宇宙に行った人と行けなかった人の間には越えられない壁がある。その差は何か。
「あきらめずに続けられるか。ぼくはそれだと思います。あとは運。宇宙飛行士に選ばれるのも、良いミッションにめぐり合えるのもそうだと思う。長い間がんばってしっかり能力を高めて、あきらめずに食らいついて、あとは運を信じる。書いてしまうとあっけないことですが、それだけのことです」(p.90)
 頑張ろうと思った。

|

« 行きたいなあ、と | トップページ | 少し気が晴れた »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

図鑑で調べてます。顔の模様で「ホオジロ」の雄では?と思ったけど、くちばしの形、そして「胸と脇腹に黒斑」から、「ツグミ」かな?と思います。

投稿: 山田ゆみ | 2010年3月16日 (火) 08時25分

おぉ~~~!!すごい!!

投稿: 多恵子 | 2010年3月16日 (火) 17時15分

「あきらめずに」も
「続ける」も
とてもわかりやすい言葉ですが、
とても難しいことですね。
50才を過ぎて、常々感じていることだったので、
コメントは身にしみました。
生き物が生物である証拠は"homeostasis"に
尽きるように思いますが、
肉体的にも精神的にも
なかなか、なしえない課題だとも思っています。

投稿: my trial | 2010年3月17日 (水) 19時43分

 ゆみさん
 いつもありがとうございます。目下、鳥の名前を調べる間もなく、多忙な日を過ごしています。後、少し(ならいいのに)。
 多恵子さん
 そういってもらえてよかったです。
my trialさん
 50歳で大きな病気になりましたが、今はその頃より元気かもしれません。精神が身体を引っ張っていくといつも思っています。

投稿: 岸見一郎 | 2010年3月18日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行きたいなあ、と | トップページ | 少し気が晴れた »