« 綱渡り | トップページ | みんなに囲まれて »

2010年1月15日 (金)

凍結・実習

 朝、父の家の水道栓をひねったが水が出なかった。しばらくしたら、チャラチャラという音と共に氷片が出てきて、その後、水が出てほっとした。ところが、お湯の方は出ない。凍結してしまったらしい。今、訪問看護にきてもらっていて、清拭をする時に、お湯が出ないことがわかり、やかんでお湯を沸かすことになった。寒い。
 今日の訪問看護には、去年教えた学生が実習のために同行。去年教えに行っていた頃は、父が帰ってくることになるとはまったく思ってもいなかった。朝、微熱があったが、今は元気になった。風邪気味の時でも教壇に立つとちゃんと講義ができるのと同じで、父のところに行かなくては、と思って気が張っているだけかもしれない。朝方、今書いている原稿を書き直している夢を見ていた。
 この一週間は、考えに大きな進展があった。原稿も書き足さないといけないかもしれない。目には見えないけれど、こんなふうに感じられる時は、嬉しい。

|

« 綱渡り | トップページ | みんなに囲まれて »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綱渡り | トップページ | みんなに囲まれて »