« 深い霧の中に | トップページ | 何かすることを見つけないと »

2009年12月 5日 (土)

えてして医者は、と

swaying sun

 週末、忙しくしている。根を詰めすぎた気がする。
 金曜、予定していた父のインフルエンザの予防接種が中止になった。父は注射の覚えていて、先生が往診の時に注射することを伝えると、「えてして医者は注射が下手ものだ」と父がいうので笑ってしまった。「先生、こられたらそういったらいい」「いや、いえるものか」
 父は、あんまり行きたくない、と今日もデイサービスへ。「何かすることがあったらいいんだが。何もすることがないのだ。それなら家にいた方がましだ」というのだが、もちろん、そんなことはない。疲れて帰宅したが、明日から一泊のショートステイに行くことになっている。何と説得したらいいものか。火曜の朝まで、仕事があって父の介護どころでないというわけにいかない。
 写真は、水の中で揺れている太陽。

|

« 深い霧の中に | トップページ | 何かすることを見つけないと »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

いつもここに来て、美しい写真に癒されます。

 そして、イキイキとした写真から、毎日お忙しいながらもお元気でいらっしゃる先生のエネルギーが感じられるようで、とてもうれしく思います。

投稿: やまじゆみこ | 2009年12月 8日 (火) 23時24分

 ありがとうございます。この頃、ひどく忙しくて、でもたしかにそれがいやであるわけではなく、エネルギーに満ち溢れている気がします。

投稿: 岸見一郎 | 2009年12月 9日 (水) 21時21分

満月かと思いましたら、水面に映った太陽なんですね。月なら上にある木は何だ?と不思議でした。
幕末時代を想像しました。(今、日曜劇場のJINに、はまっているせいでしょうか)

投稿: 赤坂 多恵子 | 2009年12月10日 (木) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深い霧の中に | トップページ | 何かすることを見つけないと »