« 何か食べようか、と | トップページ | 眼鏡はどこへ »

2009年12月11日 (金)

することがあまりない

peaceful coexistence

 木曜は朝、訪問看護。実習の学生さんが同行。昼からインフルエンザの予防注射。医師の往診時には父は寝ていても、起き上がる。幸い、父には痛みなどがあるわけではないので、安楽に終末を迎えられる援助ができれば、とこの頃よく思う。ひと頃のように、興ることも稀になり、不安を訴えることもなくなった。時折、大きな声で笑う。深刻になってもしかたがない。父が笑う声を聞くと、嬉しい。
 父のところにいてもあまりすることがなくなった。母の介護(という言葉は当時使ってなかったが)の時と似てきて、あの時も、母の病床に持ち込んだ本を読んだり、書いたりしていた。
 青鷺と白鷺が並んで立っていた。この二羽に何か交流があるのだろうか。マルクスはない、といったが、僕はあると思う。

|

« 何か食べようか、と | トップページ | 眼鏡はどこへ »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何か食べようか、と | トップページ | 眼鏡はどこへ »