« 父と病院へ | トップページ | ほしいなあ、と思って »

2009年12月17日 (木)

答えられない問いだが

 昨日は、近大姫路大学へ出講。今年はこれで最後で次回は6日。父のことがあって、今年も年末、年始という感覚なしに過ごすことになりそうだが、仕事がつまっているのでそれもいいかもしれないと思ってみたりもする。
 大学の講義は死について。熱心に聴く学生もあってありがたい。看護学生なので、大いに関心を持ってほしいのだが。答えが出ない問いもあることだけでも伝えたい。答えが出ないから、探求する必要がないというわけではないということも。
 大学から駅までバスが出ている。玄関でバスを待っていたら、守衛さんに話しかけられた。「人は死んだらどうなるとお考えですか」と。もちろん、数分の間に話せることではないのだが、講義で話したばかりのことを要約して話した。
 父は穏やかに過ごしている。今日はあまりに寒いので、ずっと父のところで仕事をしようかと思っている。

|

« 父と病院へ | トップページ | ほしいなあ、と思って »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 父と病院へ | トップページ | ほしいなあ、と思って »