« 「君は一体何を聞いていたのだね」 | トップページ | 深い霧の中に »

2009年11月30日 (月)

行ってらっしゃい

can't say farewell to you yet

 もうすっかり葉を落とした木もあるが、今年は紅葉の時期が長い。
 今住んでいるマンションはエレベータもあるが、ほとんど使うことはない。階段を使っている。階段を使う人は少ないが、上の階から朝階段をおりてきた高校生がいて、僕を追い越す時に挨拶してくれた。「行ってらっしゃい」と。こんな時はやはり「行ってきます」と返事するのだろうか、と思っているうちに、その高校生の姿が見えなくなった。
 毎日、長い時間、集中して仕事ができるようになった。

|

« 「君は一体何を聞いていたのだね」 | トップページ | 深い霧の中に »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

今までは学生や幼児など小さい人や老人に
こちらが大人として「行ってらっしゃい」と
声をかけていたのが、
高校生にねぎらってもらった感覚が戸惑いに
なったのでしょうか?
自分が思い描いている自分の姿と
他人が見ている自分の姿に大きなギャップが
あるかもしれないと思うこの頃です。
私はスーパーやコンビニのレジでお釣りをもらう時
無言でもらうのも何だし、かといって「ありがとう」でも
ないだろうと思うので「はい」とだけ言っています。
確かに受け取りました、という感じだけは伝わったら
いいなと思います。

投稿: ちばちゃん | 2009年12月 6日 (日) 01時53分

 行ってらっしゃい、って家族には使いますが、それ以外ではあまり使わないでしょう? でも、そういえば、姫路駅で帰りによることがある喫茶店では、行ってらっしゃいという言葉を店員さんからかけられたことがあります。これから帰るのだけどなあ、と思ったのですが。
 レジでは、僕はありがとう、といいます。

投稿: 岸見一郎 | 2009年12月 8日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「君は一体何を聞いていたのだね」 | トップページ | 深い霧の中に »