« 火の粉のように | トップページ | もっとすることはあるのだが »

2009年11月17日 (火)

訪問看護実習、ショートステイ

Sitting on Buddaha's seat

 ホトケノザがこんな季節に咲いているのはあまりに早すぎると思ったが、昨年も同じ頃に撮っていることがわかった。前日のベニシジミといい、寒い朝、震えているように見えた。
 訪問看護の実習に学生が看護師に同行。今年僕が教えた学生とも来年実習の時に再会できるだろうか、と思った。そのためにはその時も父が元気でいることが必要だが、遠い未来のことのように思う。
 週末は父はショートステイ。僕が検査入院をすることになった時、利用しなければならないので、その時になってすぐにというわけにいかないので、調子がいい今行ってもらうことにした。まだ話せてない。

|

« 火の粉のように | トップページ | もっとすることはあるのだが »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

いよいよショートステイですね。

薬・着替え等々、準備するのも大変ですね。

それでも、家族の写真は忘れずに床頭台に置いてあげてくださいね。
過去に写した家族の写真は忘れていないと思うから~。
夜中にもし目が醒めても安心できるように!!

私の母も背骨を圧迫骨折して入院しました。
寝てばかりいたので骨も弱っていたのでしょう。
寝たきり生活も辛いでしょう~と心が痛みます。
長生きも楽ではありませんね。。。

投稿: lindenbaum | 2009年11月17日 (火) 04時28分

Lindenbaumさん
 いろいろ準備しないといけなくて大変です。名前を書いたり。
 過去のことはたずねられると答えることもあるのですが、微妙です。
 夜中に目が覚めた時、どうなるかは心配です。

投稿: 岸見一郎 | 2009年11月17日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火の粉のように | トップページ | もっとすることはあるのだが »