« 今日は何を教えてくれるんですか、と | トップページ | また明日から »

2009年11月13日 (金)

今から思えば

hope they are doing well

 冷たい雨が降り出した。実際にはそれほど寒いというほどのことはないのだろうが、ヘルパーさんに父を任せていったん帰ってきた。父の介護をしてくださる人たちは皆プロで長年仕事をされているので安心していればいいのに、いろいろと口出ししてしまう。
 一年経った今振り返ると、たくさん失敗してきた。父がこちらに戻ってきた時に今から思えば、僕が思うほどにはいろいろなことが既にできなかったはずなのに、できると思っていて危ない目にあわせてしまった。あわせそうになったというべきか。父は今も「自分では何でもできると思っている」という。まわりの支えがあってこそこう思えるのだが、目が届かない時に何でもできる、と父が思って危ない目にあわないか心配である。
 先月から大学に出講するようになって生活が一変したが(その前の月までも高校の看護科に出講していたが、こちらはそれほど遠くはなかった)、仕事にも前よりは時間を割けるようになったのはありがたい。

|

« 今日は何を教えてくれるんですか、と | トップページ | また明日から »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

 ヘルパーさんにはたとえばどのようなことを言われるのか、もしよろしければお聞かせいただけますか?私はヘルパーとしてこれまで4軒の利用者さん宅へ行ったことがありますが、どこもご家族がいらっしゃらないし、他のヘルパーさんの仕事ぶりをみる機会はないに等しいので、利用者さんから直接何か言われない限り自己流ですやっています。どんな風に思っておられるのかな?と気になります。

投稿: mari | 2009年11月13日 (金) 21時43分

少し遠くの大学に出講するようになられたのですね。

 ここにおじゃますると、温かい心が写し出されているような写真が楽しみです。

 今月末に久しぶりに京都に行きたいと思っています。

投稿: やまじゆみこ | 2009年11月13日 (金) 23時19分

mariさん
 苦情とかではありません。例えば、寝る前に次の朝着る服を置いておいてください、とノートに書いておいたところ、枕元に置かれたのですが、それだと父はわからなかったので、棚の上に置いてください、とお願いしたことがあります。うちには5人が交代でこられてますが、情報交換をしてられますから、「自己流」はありえません。

投稿: 岸見一郎 | 2009年11月14日 (土) 23時32分

やまじさん
 ありがとうございます。
 病気で倒れたことを忘れる日もあります。写真は病気になってから撮り始めました。それまで見えてなかったものが見えるようになったかもしれません。

投稿: 岸見一郎 | 2009年11月14日 (土) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は何を教えてくれるんですか、と | トップページ | また明日から »