« もしもこの場に娘がいれば | トップページ | どう説明したらいいのか »

2009年11月21日 (土)

思い詰めてしまうと

welcome back

 鴨が戻ってきた。悠々と泳いでいるが、諍いも絶えない。望遠レンズがほしいと思う。長い時間のだろう、見ていたら身体が冷え切ってしまったが、時間を忘れられるのはありがたい。ヘルパーさんに任せて、昼間父の家以外の場所で過ごせるようになってきた。父が帰ってくる前のように、喫茶店でコンピュータを開いて仕事。
 土曜は読書会。父は一泊のショートステイ。「そんなん初めてやな」と思いがけず、嫌がらずよかった。
 どうすることもできないのだが、父が食事以外の時間に起きると、「中途半端な時間」だとまた寝に行くのがいやであることに気づいた。寝るんだったら帰るから、といったら、なんでや、という父。どうして寝ている父のために仕事をあきらめなければならないのか…こんなふうに思い詰めてしまうと、介護はつらいものになる。
 食事を出すと父は必ず「ありがとう」という。

|

« もしもこの場に娘がいれば | トップページ | どう説明したらいいのか »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしもこの場に娘がいれば | トップページ | どう説明したらいいのか »