« そんな時代 | トップページ | どんなこともテーマに »

2009年10月21日 (水)

少しずつ外へ

Autumn tints

 今日はヘルパーさんに父の昼食時にいてもらうことになっているので、その前後の時間もあわせて一度家に帰れたのだが、父のところに戻ると寝てなくてソファにすわっていた。「おなかが減ってなあ」。昼ご飯を食べたことを覚えていなかった。先週から衰えがひどく、曜日がまったくわからなくなってしまった。デイサービスにまた行けることになり、ことに今月からは水曜と土曜に行くので、この日の前はテンションが高く、他の日も「行くのは水曜と土曜だったな」と何度もたずねていたが、先週から何曜日に行くのか、今日が何曜日なのかがわからなくなった。勤めに行っているわけではないから、今日が何日であろうと何曜日であろうとかまわないし、わからなくなって当然だと思う一方で、一日遅れに持っていく新聞の日付を見て、今日が何曜日かを把握していたことを思うと気にかかる。
 今月は講演が多く(病気以前のことを思えば激減しているが)、過日の吃音ショートコースの他、今週の土曜、来週の金曜日にある。その来週の講演は夜なのだが、父を寝かしつけてから行けないこともないが、父がいつもより早く寝てくれるという保障が必ずあるわけではなく心配していたところ、訪問介助センターに電話してみたところ、その日の訪問の時間を夕方に変えてもらえることになった。
 今日は(いつの間にか日付が変わってしまっていた)近大姫路大学へ出講。去年の学生のアンケートに予習、復習に二時間と答えた学生があったが、僕の用意は二時間では当然できない。どれだけ時間をかけるかを学生が知ったら驚くだろうか、ふうんといっても何とも思わないか。時間をかければいい講義ができるわけではないというのも本当である。学生にすれば、他にも出席しなければならない講義はたくさんあるといいたいだろう。
 父の介護をしていたら、秋は木々が紅葉するということを忘れていた。

|

« そんな時代 | トップページ | どんなこともテーマに »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

台風19号でぎんなんが全て落ちてしまったと、思っていました。今朝は昨夜の風で残っていた沢山落ちました。銀杏の葉も色づき始めています。クローバーの中にかわいい小さな花が咲いていました。クローバーにも花が咲くことを知りました。かわいい葉がクローバーの印象でしたが、そう思っていたら、大きな葉のクローバーが別の場所にありました。そこの花は薄紫でした。夜は花が閉じ、昼花が咲くことも発見しました。昨日は恰幅のいい重役の感じの方から目礼されました。知らない方から通り過ぎる時に挨拶をされるようになっています。不思議です。

投稿: テル | 2009年10月21日 (水) 06時05分

岸見さん、ご無沙汰しております。
お元気ですか?
学会総会も無事終わりました。
さて、学会総会から帰宅したところ妻がとてもうれしそうな表情で迎えてくれました。
事情を聞くと、妻が担任・進路指導をしている高3の生徒さんが自己推薦で某大学心理学科に合格したとのことでした。それも、アドラー心理学を学びたいと言うことを面接試験で前面にだしてのことだったそうです。
その生徒さんは妻の指導もあり岸見さんの執筆された
「高校生のためのアドラー心理学」を何度も読み返したり、野田先生の執筆されて本を読まれたりして受験に備えていたとのことでした。
若いアドレリアンが増えるといいなと思いました。
妻にかわり、お礼申し上げます。
また、総会等でお会いできるのを楽しみにしております。

いわ

投稿: いわちゃん | 2009年10月21日 (水) 06時42分

テルさん
 その後どうされているかな、と思っていました。
 父の家にある銀杏の銀杏も台風でたくさん落ち、今年は早くも拾っていいかという人があります。業者がごっそり持っていくというのはあまりいい気分がしませんが、通りかかる人が持っていかれる分には別にことわりがなくていいようにも思います。
 クローバーの花に今度注意してみます。見逃していること、見落としていることが多々この世にはありそうです。

投稿: 岸見一郎 | 2009年10月21日 (水) 20時24分

いわちゃん
 僕は元気なのですが、父がよくなくてもうこの一年遠出ができていません。総会の一週間前にあった講演はたくさんの人に助けてもらって実現したのですが。
 心理学科に入学された学生さんにはぜひメールか何かでコンタクトください、とお伝えください。
 ドイツ語を読む若い人がいれば、といつも思います。アドラーがドイツ語で書いた著作はたくさんありますが、読んだ人があまりに少ないので。

投稿: 岸見一郎 | 2009年10月21日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんな時代 | トップページ | どんなこともテーマに »