« | トップページ | 精神的なこと »

2009年9月17日 (木)

立ち話

The rigors of nature and life

 試験は無事終了。答案が届くのを待っている。といっても父のところにいるので受け取れないのだが。明日、郵便局に受け取りに行くことになるだろう。学生はまだまだ試験があり、僕には採点が残っている。
 デイサービスあけの父は疲れているのか、よく眠っている。看護師さんにたずねたいことがいろいろある、といっていたのに、忘れてしまった、と笑う。その看護師さんがこられたことも父は昼時には覚えていなかったのだが。父の不安、とりわけ死の不安を軽減するのが目下僕に与えられた仕事といっていいのだが、むずかしい。
 父が寝ている時に外に出たら、家の前で呼び止められた。呼び止めた人は、僕が昔子どもを自転車に乗せたり、抱いて保育園に送り迎えをしていたのを見たことがある、といわれる。しばらく立ち話。高齢(96歳)の父親の介護、若く亡くなった兄弟の話等々。まだまだ僕は介護初心者である。
 自然の厳しさを思わないわけにはいかないキアゲハの写真。

|

« | トップページ | 精神的なこと »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 精神的なこと »