« 最終講義 | トップページ | 霧の中 »

2009年9月12日 (土)

もうすぐに今度は

regarding the reflection as real

 カタリナ高校での講義を無事終えることができた。来週試験があって、学生にとっても僕にとってもまだ実際には終わったとはいえないのだが。ほっとしたのもつかの間、今朝、近大姫路大学からシラバスなどが届く。まだ先のことだと思っていたのに、もうすぐに今度は毎週姫路に出かけることになる。
 水面に映った蓮。水面の揺らぎは風が吹いたという説明を書いたが、アメンボがいたようだ。日々の生活の中でも現実でないものを現実と思っているということがあるかもしれない。

|

« 最終講義 | トップページ | 霧の中 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

蓮の花が水の中から空を見上げているようで、人魚姫の視線かもしれないとも思えます。
透明度の低い水面だからこそ反射した映像がより透明感を表現するという、
写真は見たままが写るという思い込みを覆す一枚ですね。

投稿: ちばちゃん | 2009年9月13日 (日) 17時50分

 たしかにおっしゃるように見えますね。合成などはしませんが(できないというべきか)すぐにどうなっているかわからない写真を撮ることはよくあります。

投稿: 岸見一郎 | 2009年9月18日 (金) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最終講義 | トップページ | 霧の中 »