« 自分の時間 | トップページ | できることはない »

2009年8月28日 (金)

初めてのことばかり

across the canvas ...

 昨日は主治医の往診、訪問介護、訪問介助(のモニターリング)で昼からすぐに時間が経った。父と二人きりでいたらさぞかし息が詰まるような毎日になるだろう、といつも思う。父一人の介護に驚くほど多くの人の助けを借りていることを思うとありがたい。
 ちょうど父が昼食を終えて寝ようとしたところで、某政党の選挙カーが「この場をお借りしてごあいさつを」と演説が始まった。聞くことを拒否できない大音量の演説は暴力である。すぐに音量を落としてもらうようにかけあった。そんなことをするのは僕には勇気が要るのだが。たしかに若干音量は絞られたのだが、数年前に入院していた時、何かの選挙があってスピーカーからの大音量は神経に障った。病院の真向かいに選挙事務所があったことがいらだちに拍車をかけた。今回初めて経験することになるのだが、在宅介護の人は選挙はどうされているのだろう。要介護度が5であれば在宅投票は可能だが、それ以外の認定度であれば、投票所に行くしかない。父はどうしたものか悩むところである。
 夕方、父が悪い夢を見ていた、と起きてきた。なんで先生がこられたのだ、という。毎月一度きてもらうことになっている、と説明したが、転倒したか何かでどこかが具合悪くなって、先生を呼んだのではないか、と心配したという。認知症者が不安がないというのは間違いであることが父を見ていたらわかる。父の不安をどう和らげたらいいものか。

|

« 自分の時間 | トップページ | できることはない »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分の時間 | トップページ | できることはない »