« 花火はきらい | トップページ | 無言の圧力 »

2009年8月 8日 (土)

自然のカンバス

Nature — my source of inspiration

 今日は妹が父の介護を代わってくれた。ありがたい。昼からヴァイツゼッカーの研究会に参加。日頃、家族と看護、介助にこられる人以外ほとんど人と接することがないので、強い刺激を受ける。会は都合で半年に入る。次回の4月まで待ち遠しい。その間、することがたくさんあるので、一息つけることは悪いことではないのだが。
 帰り、駅に降り立ったら夕焼けが見られた。駅から車で送ってくれる人があって、待たせることがないように撮った2枚の写真の1枚。こんな色の空を背景に花火が打ち上げられたらどうなるのだろう、と思った。

|

« 花火はきらい | トップページ | 無言の圧力 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

私もこの夕焼けを見ました。電車の中から太陽が山に沈むところをただ静かに眺めていると、懐かしさがこみ上げてきました。

投稿: おりひめ | 2009年8月 9日 (日) 13時42分

 よかった。同じ夕焼けを見てられて。前の駅を出たくらいからこの夕焼けが電車を降りるまで残っていますように、と祈るような気持ちでした。

投稿: 岸見一郎 | 2009年8月 9日 (日) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火はきらい | トップページ | 無言の圧力 »