« 時間が足りない | トップページ | 今夜は花火が打ち上げられるが »

2009年8月 5日 (水)

危険なので

 連日暑い日が続く。朝、荷物が重いので自転車で行こうと思ったが、ぼんやりしていて危険なので、徒歩で。朝から暑い。父の家のカーテンが開いているのが遠くからわかる。
 手術をした時に切り開いた胸骨をつなげるために使ったワイヤーの結び目が骨にそって並んでいるのが手を触れなくてもわかるほど突起してきて気持ちが悪い。感染や外に出てくる心配はなく放置していても大丈夫だとは聞いているが。痩せすぎではある。
 連日、メモを取ったりして読み進めている本があるのだが、気合いを入れないとなかなか読み終わらないので、一日のノルマを決めて一生懸命読んでいる。読了すれば、目元書きためた原稿と梃子にして一気に書き始められそうに思う。それと校正。4月に脱稿したものなので、自分が書いたのか、とふと思うことがある。
 父がそんな中、テレビが映らなくなった、という。あれこれ復旧を試みたが、わからなかった。父は「電気屋を呼ぶしかない」という。そんなに簡単にいわないでほしいと抗議したが、近所の電気屋が父の記憶に残っている。わけがわかっていない父に次々に買い物をさせた悪徳業者である。悪い思い出としては父には残っていないようだが。テレビの件はどうしたものか。
 過日、父のところから帰る時、前を1歳半くらいの女の子が一人で歩いているのを見た。少し離れたところに祖父らしき人がいるのはわかった。信号がもうすぐ青になろうとする時、この子が駆け出した。そこへ右折の車が突っ込んできた。おそらく運転者には子どもの姿は見えてないはずである…幸い、その子は声をかけられて立ち止まったので無事だったのだが、なぜ大人が自分で判断ができない子どもの手を繋がないで歩かせるのかわからなかった。たしかに子どもが親の助けがなくてもできることは親が思っている以上に多いことは本当で、親が過干渉であることをめぐる問題はあるのだが、他面、まだまだ親の援助、保護が必要なのに、それをしない親があって困ったものだと常々思っている。

|

« 時間が足りない | トップページ | 今夜は花火が打ち上げられるが »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間が足りない | トップページ | 今夜は花火が打ち上げられるが »