« 忽ち暖かい風が | トップページ | 紫陽花 »

2009年6月 5日 (金)

縁があれば

chaotic field ...

 このところかかりきりだった原稿を書き終える。今は40分で読めるというような本が売れるのかもしれないが、きっちりと書くと(原稿用紙で)300枚は書くことになる。今夜は5日締切の雑誌原稿があるが、講義もあるので、帰ってから仕上げることになりそうだ。短い原稿の方がはるかに難しい。3枚だと書き始めたら終わり。
 平出隆の『遊歩のグラフィスム』(岩波書店)を読み進む。前にたしかに一度書店で手にしたのに、その時は本棚に戻してしまった。この詩人とは縁があったわけだが、ニアミスしている作家も多いだろう。
 今日は講義。まだ準備が終わっていない。

|

« 忽ち暖かい風が | トップページ | 紫陽花 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

黄金色に輝く麦を毎年見に行きます。風が吹く度にシャリシャリと音をたてて、風の吹く方向になびいていく麦を見ていると、豊な気持ちになります。この写真を見ていると、向こうの方からシャリシャリと聞こえてきそうです。

投稿: おりひめ | 2009年6月 5日 (金) 14時10分

 焦点はポピーにありますが、麦に引きつけられて撮った写真です。今は麦をあまり見なくなりました。シャリシャリという感じわかります。

投稿: 岸見一郎 | 2009年6月 5日 (金) 23時54分

不思議な写真ですね。
「麦に引きつけられて撮った」というのはよく分かります。自分にとって大事な、豊かなものが向こうにあるのに、すぐ目前にははっきりした美しいものがあって、それにも注意が向けられているのですね。
気持ちがざわざわするような写真です。

投稿: 雪見 | 2009年6月 6日 (土) 14時06分

 Flickrのほうでは、この写真は心象かもしれないと書いたのですが、僕よりも的確にこの写真を撮った心持ちを書いてくださったと思いました。それでどちらに引かれているんだ、といわれるかも。

投稿: 岸見一郎 | 2009年6月 6日 (土) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忽ち暖かい風が | トップページ | 紫陽花 »