« 幸福な夢を | トップページ | 目下、唯一の »

2009年6月11日 (木)

介護との両立

 今日は父の調子が悪く、訪問看護の日で本当によかったと思った。看護師さんが帰られた後も問題は解決せず。夕方、横になるという父を残して帰宅したが心配。朝から一度もコンピュータを開けなかった。
 僕の方も少し疲れていて、狭いソファに足を折り曲げ横になったらあっという間に寝てしまった。すぐに父が起きてくる気配で起きることになるのだが。夢の中で初めて会った人と話をしていた。また声をかけてください。僕は一人では外に出られないのですけど、車椅子に父を乗せて歩いていることもありますから、と話していた。この頃、立て続けにカウンセリングを断っている。講演もいくつか引き受けたが、実のところ、父のことがあってかなり難しい。
昨日の夜、夕食を作りながら。テレビニュースで介護と仕事の両立をテーマとした特集を見ていた。年収が半分になり、毎月の介護費が二十二万円になるという妻の介護をする男性のケースが紹介されていて驚く。働かなければ、あるいはむしろ、働きたいと思う気持ちはわかる。男性が介護しているケースばかりが紹介されていたようだったが、女性が介護をする場合も同じである。介護のために仕事を辞めなければならなかった人も多い。会社に介護を支援するシステムがなければどうしようもない。僕のように所属するところがなければ事態はさらに厳しい。

|

« 幸福な夢を | トップページ | 目下、唯一の »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸福な夢を | トップページ | 目下、唯一の »