« 庭の花火 | トップページ | 肩の力を抜いて »

2009年6月17日 (水)

楽しみな講演

 今日は父はようやく落ち着いた。身体の方はつらいようで、8時半に横になってくるというので、9時にお風呂(訪問入浴)に入ることになっているといったのに、それには答えなかった。入浴中、半分、眠っているように見えた。
 父が寝ている間に今日は少し書斎の整理をした。この家は僕が生まれ育った家である。10年前にマンションに引っ越してから必要な本を移したが、なおたくさん本が残っている。父のところに昼間毎日くるのであれば、荒れ放題の書斎(書庫というべきか)も整理できていれば便利だろう、と思ったのである。明らかに二度と読まない本をしまうところから始めたい。
 今日は朝からプラトンの『饗宴』を読む。これで三日目。哲学を学ぶつもりで入ったのに、くる日もくる日も辞書を引いてばかりの生活を長年続けたので、しばらく離れていたが、思っていたよりも読めて嬉しい。シモーヌ・ヴェイユのように「ギリシア語は簡単な言語だ」などとはいえないけれど。
 明日の夜は保育所で講演。二回目なので、講演なしでいきなり質疑応答にしてほしいという希望が出ているようだ。どうするかはいってから考えたい。前回は質問が途切れなかった。翌朝は講義。体力が続きますように。

|

« 庭の花火 | トップページ | 肩の力を抜いて »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の花火 | トップページ | 肩の力を抜いて »