« いつも… | トップページ | ただ疲れ »

2009年5月22日 (金)

深刻にならずに

 今日は聖カタリナ高校で講義。
 昨日、京都市内でインフルエンザの感染が確認されたのを受けて、昼から休校になった。休校は水曜日までなので来週も行けるだろうが、休校に伴って時間割の変更がありうるといわれた。今日は11時から1時まで訪問介護をお願いしているので出かけられるので、他の曜日だと行けない。
 よく寝た、寝てばかりだ、と3時半頃、大きな声で笑いながら父が起きてきて驚く。起き上がっているのがつらいようでまたすぐに寝てしまったが、笑い声を聞くと嬉しい。「中途半端な時間に起きてしまった」と時計を見ていう。中途半端って? 食事までまだ時間があるじゃないか。ひどいなあ、僕は食事を作るためだけにきているみたいではないか。父はまた大声で笑う。深刻にならずに父と過ごしたい。
 朝方、夢を見た。僕が歩けなくなって入院するという夢。父から電話があった。なんだ、電話できるではないか、と思っている。父が電話に出られたら、外に出られるのだが。僕が病気で入院した時、父が病院まできてくれたのは昔の話ではない。
 帰るとまた微熱。明日は甥の結婚式だが、父を置いては式に出られない。

|

« いつも… | トップページ | ただ疲れ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつも… | トップページ | ただ疲れ »