« しかしいえないのだ | トップページ | どんなご縁で »

2009年5月31日 (日)

昔とは違う

rain reminded me of you ...

 土曜の夕方、ひどい雨になった。雷もなった。父は、久しぶりだという。そのうち雨漏りが同時に三箇所で始まった。屋根がずれているのだろうか。直さないといけない。私にはできないが、と父は気にかける。古い家なので雨が降るといつもこんなふうになる。父しかいない時にこんなふうになっていたらどうなっていただろうと思う。これからの季節何度も起こりうるのでなんとかしないといけないが、いなければ対処のしようもない。(父の家にある僕の)書斎(書庫)は無事だった。
 雨もいいものだとは思う。降りすぎなければ。この家は何度も台風のたびに浸水してきた。父が、この数年は浸水しない、とヘルパーさんと話しているのを聞いた。この家に戻ってきたのは去年の11月なのだが、強い印象のあることは覚えているのだろう。
 昼食は父と一緒に食べるが、朝と夕方は父の食事を用意する。時間になると必ず起きてくる。食事にしようか、と父がいうと、昔、母が死んでからしばらくの間、父と二人でこの家で暮らしていた時のことを思い出して少し心がざわざわするが、あの頃と違うのが、父が「ありがとう」というようになったことである。父らしくないなと思うこともあるが、いわれると僕の意識も変えていかないといけないと思う。
 紫陽花が咲き始めた。

|

« しかしいえないのだ | トップページ | どんなご縁で »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しかしいえないのだ | トップページ | どんなご縁で »