« 新緑の虹 | トップページ | 長い夜 »

2009年5月 2日 (土)

今は昔

little birds whispered in my ears ...

 新聞を見るとGW後半スタートと書いてあって、前半はもう終わったのか、と驚く。
 躑躅が満開で、父は椅子を廊下に持ち出して、飽くことなく眺める。このところしばらくこなかったヒヨドリがやってくる。夕闇が迫っていて光が足りなかったが、鳥の表情がかわいくて窓ガラス越しでシャッターを切った。
 訪問看護の関係もあって父の主治医は二人。そのうちの一人の先生に診てもらった。自動車に車椅子を乗せることができた。今日は父は嫌がらなかった。今度から往診をしましょうか、といってくださる。いえ、まだ大丈夫です、と父はいうのだが…父は若い頃、先代の先生(今も現役で診察されている)に往診にきてもらっていたことを母から聞いたことがある。僕も、僕の息子も世話になった。修士論文の口頭試問の一週間前に骨折をし、先生に診てもらったら、諦めなさい、といわれたことはよく覚えている。しかし、先生の言葉には従わず、諦めずに松葉杖をついて試問に臨んだ。
 いつも父の家の近くに車を停めている人と帰る時挨拶を交わした。父が帰ってきていまして、というと、あなたは親戚の方ですか、とたずねられるので、いえ息子です、と問うと、ではあなたがいつも半袖半ズボンの息子さんを自転車に乗せていた人なんですか、と驚かれる。それはたしかに僕の息子のことです。かれこれ20年ほど前のことなのに、当時のことを覚えている人があって驚く。

|

« 新緑の虹 | トップページ | 長い夜 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新緑の虹 | トップページ | 長い夜 »