« 一人でかかえこむ | トップページ | 目に見えると »

2009年4月26日 (日)

いつまでも

as time goes by ...

 冷たい雨の降る寒い日になった。寒いから横になってくる(必ず、寝るのだが)、と父は食事を終えるとすぐに寝室に入ってしまう。昨日は昼間一睡もしなかったから疲れたのかもしれないと思う一方で、この不順な気候で風邪でも引かないか心配である。父が寝ている間に仕事。
 夕方外に出たら、思いがけず虹を見ることができた。一瞬のことだったのでうまく写真に撮れなかったのだが、新緑の山と重なって不思議な写真にはなった。父がこちらに帰ってまだ入院する前虹を父と見たことがあった。「きれいやなあ」といつまでも空を見上げていた父を思い出す。またあの時のように元気になる日がくるのだろうか。

|

« 一人でかかえこむ | トップページ | 目に見えると »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

 この日の夕方、私も虹をみました。とても楽しみにしていたコンサートにいく途中の電車の中でしたが、私から見えるその虹のかかっている真下のあたりには、仕事を早く終わらせて、私を早く帰らせてくれた仲間がいる場所のようで、感謝しました。
 虹をみると、一瞬でも希望とか感謝とかという気持ちになれます。うつむいていては、虹はみえないってことですね。

 
 

投稿: Chiyomi | 2009年4月29日 (水) 01時15分

 空を見上げるという少しの心のゆとりが虹との遭遇を可能にします。虹はいつも空にかかっていませんが、かかっている時でも誰もが見るわけではないですね。

投稿: 岸見一郎 | 2009年4月29日 (水) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人でかかえこむ | トップページ | 目に見えると »