« 蟄居 | トップページ | 忘れていることは »

2009年3月15日 (日)

追い込み

flowers as the witness to my life ...

 朝、息子に二時間ほど父の介護を代わってもらった。先に僕が行って後から息子がきた時は父は既に寝てしまっていたので、起きた時に息子がいるのを見たら父は驚くかもしれないと思ったのだが。明日も僕が受診のために午前中留守をする間、息子に代わってもらう。
 今日の父は退院来初めて昼から夕方まで一度も寝ないでソファにすわっていた。まるで入院の前の時のようだと思っていたら、「散歩でもしてくる」といいだすので慌てた。実際にはベッドのところまで行くのにもついていないと危ないくらいなのに。起き続けていたから夕方ベッドに行った時は、ひどく疲れていた。いや、まだ寝ない、という父にパジャマに着替えるよう促す。まだ6時ではないか、と不服そうだったが、服の着脱だけでいつもよりもひどい息切れ。いつも帰る時は不安な気持ちになる。
 原稿の一つが目下追い込み。あとがきを書いていた。五十三回目の誕生日に、と書いてみたが、その日までに脱稿し出版社に送りたいものだ。

|

« 蟄居 | トップページ | 忘れていることは »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蟄居 | トップページ | 忘れていることは »