« どんな時も自由で | トップページ | 追い込み »

2009年3月14日 (土)

蟄居

 今日はいつものように父のところへ行って、昼からヴァイツゼッカーの研究会に参加した。蟄居という言葉が思い浮かぶほど、くる日もくる日も父といたので、今日は少し気が晴れた。
 帰り、父のところによる。「ただいま」といったら「おかえり」といってくれた。昼間、初めての訪問入浴。帰る時、いつも着替えてふとんに入るところまで見届けて帰るのだが「今日は風呂に入れてよかったな」というと、嬉しそうに「よかった」と笑う。入院して以来シャワーか清拭だけだったので久しぶりの入浴だった。今日は僕はいなくてベッドの側に浴槽を持ち込んでの入浴というのがどういうものなのかまだイメージが十分わかない。
 帰ると今日会ったばかりの畏友の最近出版されたばかりの訳書が届いていた。僕とは比べものにならないほどの激務の中で成し遂げれらた労作を見て、僕も頑張らねば、と思った。

|

« どんな時も自由で | トップページ | 追い込み »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どんな時も自由で | トップページ | 追い込み »