« お腹がしくしくと | トップページ | 力強く »

2009年2月 2日 (月)

継続も力

baring the cold of the winter bravely ...

 昨日は、妹と時間を合わせて父のところへ行く。強く促さないと身体を起き上がらそうとしないのは、いつもと変わらない。運動不足だからというが、実際には、薬のせいで顔がむくんでいる。誰に聞いたのか、父は〔退院まで〕後二週間、と繰り返す。病院の中は暖かく多くの人の目があるが、寒い中一人で過ごす家に戻ったら父はどうなるのだろう。今後のことなどを話しながら妹と帰路についた。妹とゆっくり話しできてよかった。
 もう長く病院に通っていると、継続も力なり、と受験生のようなことを思うが、継続はともかく、そのことで何かの力になったとは思えないところがつらい。
 これからは人のために生きようと思って、病気になってからもうかれこれ三年近くになるが、我が強い僕は自分のことを最優先で考えている。
 主治医がこんなふうにいう。急に悪くはならないが、最近、調子がよくない、というふうになってくる、と。その調子がよくないというのがどんな感じなのか想像できないのだが、そうなれば、ステントを入れていくことで対処しようということだった。検査入院もまたかれこれ二年近くしていない。
 原稿追い込み。
 写真は昨日撮った山茶花。梅が咲いているのを今年初めて見た。去年より二週間ほど早い。去年の今頃は、梅の開花を待ちきれず毎日様子を見に出かけ、そのたびに花を見ることができずがっかりして帰ったが、今年はこんなに早く咲くのか、と意外な気がした。

|

« お腹がしくしくと | トップページ | 力強く »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
>これからは人のために生きようと思って、病気になって>からもうかれこれ三年近くになるが、我が強い僕は自分>のことを最優先で考えている。
日記を読むとおとう様を大切にされている気持ちが伝わってきます。
先生が倒れるのではないかと心配になるほどです。

投稿: かすみ草 | 2009年2月 2日 (月) 21時55分

 父とはいろいろありましたが、父が過去を失ったように、僕も過去を手放したいと思っています。

投稿: 岸見一郎 | 2009年2月 3日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お腹がしくしくと | トップページ | 力強く »