« 明日は試験 | トップページ | 一回り小さく »

2009年2月 5日 (木)

恢復

 試験が終了したという連絡が大学が入り、安堵。9時からの試験なのに、遅くまでノートを読みにくる学生がいて心配していた。明日には答案が届く。全員が通ればいいのだが。
 昨夜は気分が優れず、血圧をはかったら高く、驚いて横になった。朝、薬を飲むために一度起きたが、もう一度布団に入ったら、目が覚めたのは2時半だった。乾いた土にしみこむような眠りで、元気を回復することができた。急いで用意をして父のところへ行く。めずらしく夜眠れない、という。家にいる時もあまり父と話をしていたわけではないので、病院に行っても二言三言様子を聞いたら、話はたちまち終わってしまうが、しばらく窓から見える景色を見たりして過ごす。今日はいい天気だな。でも、風は冷たい…以前は電話したい、といったり、郵便物を持ってきてほしい、といっていたが、最近は何もいわない。
 帰りのエスカーターで実習中の看護学生さんたちと乗り合わせる。病院に付属する看護学校の学生である。僕が7月まで教えていた学生も実習にいっていることを思って、実習中ですか、と声をかけてしまった。目下、教えている心理学も生命倫理も実習経験を経た後であれば、受け取り方が違ってくるだろうといつも思う。

|

« 明日は試験 | トップページ | 一回り小さく »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は試験 | トップページ | 一回り小さく »