« 薄紅に | トップページ | どうしよう »

2009年2月23日 (月)

生きるって楽しい

God in the detail...

 退院後の生活に向けて、ケアマネージャーさんらと電話で打ち合わせ。以前は必要ではなかった介護用品のことなどもたずねる。父の家は主な居住スペースが二階にあって、一階にトイレと風呂がある。リハビリで階段を上り下りする練習をしているが、一人でできるかというと難しいかもしれない。26日に階段などに手すりをつける工事をするのだが、一人の時に階段を下りるのは危険である。今日は父と退院後の生活について話し合った。
 「転倒したりして骨折しないように気をつけないといけないね」
 「それは私も気をつけている」
 「階段はしばらく無理かもしれないと思っている」
 「一階の部屋にいてもいい」
 「それは考えたのだけど、暖房がない」
 「そうか…」
 石油ファンヒーターなら用意できるが、危険なので使えない。エアコンをつければいいのだが。1階で暮らせても、玄関が2階があるので(イメージしにくいかもしれにない)、外に行くのであれば、階段を使う必要はある。
 帰ってきた時にどんな様子なのか今はまだよくわからないのだが、講義は4月に始まるので(といっても4月まですぐだが)学校に行っている間どうするかという心配はしなくていいが、来月の僕の受診日に父を残していけるのかわからない。それどころか、夜、父は一人で過ごせるのかもわからない。
 ともあれ父の退院が近づいてきたので仕事の完成に向けて頑張っている。
 次々と小説を発表している海堂尊は、読者に「生きるって楽しい!」と思ってほしいといっている。『チーム・バチスタの栄光』は計100回は推敲したという。眠れぬ夜に次々に読んでしまった。『ジェネラル・ルージュの凱旋』が秀逸だと思った。

|

« 薄紅に | トップページ | どうしよう »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

 (ノ(*゚ー゚*) 先生お久しぶり。色々と大変そうですが少しずつ片して下さい、知らず知らずに無理してしまいます。
 お父様の退院が近いそうですが退院前に試験外泊とかはしてみましたか?住宅改修も介護度に合わせ上限がありますが後から戻ります。実際にご本人が生活活動してみるとまた気づく所も出て来ると思われます。
 全部家族で抱えるとしんどくなるのでそうなる前にケアマネに相談してくださいね。
 介護保険でリース使用出来る物もありますしヘルパーも居るので上手く使って少しの時間はゆっくりするように心がけてください。先生が倒れちゃったら泣いちゃう・・・
 

投稿: ruka | 2009年2月24日 (火) 02時01分

そういえば義父の介護をしていた時にはいつも手を握っていて、なかなか手を離してくれなかったので握れるサイズのぬいぐるみを2、3種類用意して、家族が帰る時にはそのぬいぐるみを代わりに握ってもらいました。
 他には体こう枕の代わりにも縫いぐるみを使っていました。時々投げたり耳を握ったりしていました。
 寝ていて目が覚めると時間が気になる様子なので時計は寝ていても見える所に置いていました。 時間の経過とともに本人が出来ることが少なくなり介護用品や食事に使う物等も代わっていきました。自分で出来ると言い張って何度も転倒したり食べ物をこぼしたり色々・・・
 薬の関係で暴れたり、忘れたり(笑)
それでも私は楽しかった。
 先日三回忌も無事済ませましたがまだ父が生きているように感じています。
 
介護用品や部屋などはどうしても暗く感じたり臭いが気になったりしますが今は色々な製品もあるしチョットした工夫で利便性や雰囲気が変わるので観察しながら時には楽しんでみてください。
 父は仕方ないと思って私達を楽しませてくれたのかも・・・義父だけど大好きでした。(笑)

投稿: ruka | 2009年2月24日 (火) 02時48分

rukaさん
 住宅改修の見積もりは入院前にしたのでたしかに退院後はまた違ったことが必要になるかもしれません。
 介護サービスを最初は少しずつと利用し始めた矢先の入院だったのですが、僕自身も手術後かれこれ二年近くになりますから、検査入院にでもなったらたちまち僕がもっぱら父の介護をするというシステムは破綻してしまいます。振り出しに戻ったつもりで、再考してみます。

投稿: 岸見一郎 | 2009年2月25日 (水) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄紅に | トップページ | どうしよう »