« 「いま」「これから」 | トップページ | 病む人の心の支え »

2009年1月13日 (火)

霧が少しずつ

can you bear the cold of the winter here?

 今日は本当に寒く、手がかじかんで凍傷になりそうに思うが、寒いところに住んでいる人にはこれくらいと思われるかもしれない。
 父は熱が下がって以来この数日楽そうに見える。ぽつりぽつり語る父の言葉に耳を傾ける。抗生剤の点滴が終わるまで、と思いながら、今日はいつもより長く父のところで過ごした。前にも書いたが、父の心を覆っていた霧が少しずつ晴れていくように見える。
 今の部屋には少しでもナースステーションに近い方がいいということで、最初の見晴らしがいい部屋から移ったのだが、廊下側で外が見えない。
 「部屋を変わってもいいか、といわれたので、何も考えずにいいといったら、こんなところで、しまったと思ったのだが、外は見えないが、今は落ち着けるのでよかったと思う」
と父がいうのが意外だった。
 退院の目処は立っていない。
 明日は近大姫路大学で講義。早くも13回目。まだ講義の準備が終わらない。いつも講義直前までかかる。

|

« 「いま」「これから」 | トップページ | 病む人の心の支え »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

これは仏の座ですか?氷の粒が宝石のようですね。本当に仏様が座っておられるのなら、そっと手を合わせるのですが・・・

投稿: おりひめ | 2009年1月14日 (水) 20時30分

 そうです、仏の座です。ここにすわるのは仏様も大変。

投稿: 岸見一郎 | 2009年1月14日 (水) 20時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いま」「これから」 | トップページ | 病む人の心の支え »