« 最初の一歩 | トップページ | 月を踏む »

2009年1月21日 (水)

僕が頑張れば、とも

 近大姫路大学で講義。90分では話せないかと思ったが、準備した分をすべて話せた。後1回。次回は最後の15分で学生にアンケートをとるという。難しい、わけがわからない、声が聞こえない、早口、ホワイトボードの字が読めない。PowerPointを使ってほしかったなどなど、いくらでも反応は予想できる。
 帰り、父のところへ。今日は元気そうにしていて、しきりに退屈だといっていた。「本が読めれば退屈しないのだろうが、読む気力がわかない」と。
 家にいる時に使っていたスケッチ帳を持って行ったら、日付や食事の時間を書き留めている。今日見たら、看護師さんが血圧や体温などの数値の後に、今日は調子がいいです、と書いてあって、顔がほころんだ。
 一つ一つのことはこなせるが、今日のように朝、父の犬と散歩、講義、病院、帰りに犬の散歩と重なるとやはり疲労困憊。妹のところに犬を預けようとも思うのだが、遠方で簡単に車で連れて行くというわけにもいかない。父は事情をいえばわかってくれると思うのだが、退院した時に犬がいないとがっかりするかもしれない。いつ退院になるかわからないが、僕が頑張れば、とも思う。

|

« 最初の一歩 | トップページ | 月を踏む »

日記」カテゴリの記事

コメント

ノートに看護師さんからのコメントがあったくだり、なんだか私までうれしくなりました。ちょっとしたことで家族ってうれしくなるものですよね。
病院まで片道40分とお聞きし、それは通うだけでさぞかし大変だろうと思いました。
何の役にもたてませんが、画面のこちら側で応援している旨だけお伝えしたくて、コメントを書き込んでみました。
闘病記をブログで公開していると怪しげな健康食品などのメールが飛び込んでくることもありますが(私のブログにも今日来ました・・・)、気にしないで削除しちゃってください!

投稿: cha_wanny | 2009年1月22日 (木) 00時03分

 ありがとうございます。 
 絵文字が書いてあってかわいかったです。もちろん、返事を書いておきました。見てもらえたらいいのですが。この頃は毎日いい知らせがなくて父のことを書くのも、ここに書いていいものやら迷うことが多かったので、父の好調を伝えるメッセージは疲れを吹き飛ばしました。
 幸い、そういう関係のメールは今のところ届きません。闘病記はたくさんの人に読んでもらっています。役立てばいいのですが。

投稿: 岸見一郎 | 2009年1月22日 (木) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最初の一歩 | トップページ | 月を踏む »