« 間近に見ると | トップページ | 丹の色の »

2008年12月21日 (日)

人間の弱さ

 土曜は昼から妻に代わってもらって家に帰った。一度横になったら身体がふとんに吸い込まれた。父が帰ってくる前は疲れたらよく横になっていたが、今はそれができなくなった。
 今日は読書会。いつも父と二人で過ごしている部屋に今日はたくさんの人が集まる。父は常と変わらず同じ席について話に耳を傾けていた。
 今日読んだところでは魂の不死が最終的に証明された。
 「とすれば、魂は不死なるものである」
 しかしなおもその後で登場人物の一人であるシミアスがソクラテスに語っている。
 「私自身も語られてきたことから不信な点はありません。しかし、論じられている問題の大きさと人間の弱さをはかなく思うと、語られたことに関して自分の中になお不安が残らないわけにいきません」
 本当にそのとおりだと思う。

|

« 間近に見ると | トップページ | 丹の色の »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間近に見ると | トップページ | 丹の色の »