« 音は消えても | トップページ | 父帰る »

2008年11月 2日 (日)

reflection of time ...

reflection of time ...

 父が帰ってくる今日、暖かい穏やかな日になった。
 写真にどうしたら時間を写し込めるか、よく考える。
Flickrに載せている写真をこちらにリンクしているが、右端が少し欠けていることに気づいた。どうしていいのか目下わからない〕

|

« 音は消えても | トップページ | 父帰る »

Flickr」カテゴリの記事

コメント

 絵画のようです。
 秋色ですね。

投稿: フィン・カ・ビヒア | 2008年11月 3日 (月) 00時09分

 あまり人気がないのですけど、こんな写真が実は好きなのです。

投稿: 岸見一郎 | 2008年11月 3日 (月) 11時14分

この写真を見て琥珀を思いました。表面のつるつる感やひんやりした冷たさ、色までも、琥珀そのもの。秋をこんな風に表現出来るなんて、すごい!

投稿: おりひめ | 2008年11月 3日 (月) 17時21分

おりひめさん
 なるほど…
http://kishimi.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/raindrops-falli.html
 自分の中で表現したいイメージがあるかもしれません。
 これは植物園の中の石の橋で南郷池に向かって撮りました。

投稿: 岸見一郎 | 2008年11月 3日 (月) 17時54分

素敵な写真ですね。
どの写真も時間を切り取ったように感じるのですが,
この写真の雰囲気がとても好きです。

子ども中心に生活しているのでどうしても子どもの事のになってしまいますが,
子どもの表情や行動の一瞬一瞬をすべて覚えていたいのに
すぐ忘れてしまって,
写真の中の子どもしか分からなくなってしまうんですよね。
空気感や雰囲気も写しこめればいいのにって思います。

投稿: セロ | 2008年11月 7日 (金) 00時40分

 ありがとうございます。時間を取るならビデオがあるではないか、と思う人もあるかもしれないのですが、あえて写真でできないかと考えています。
 写真に撮ればたしかにそこに写った表情などは記憶に定着する気がします。写真を見ていなくても、思い出されます。でも、覚えようとか、思い出そうと思わなければ、意外に何かの拍子に表情や行動が思い浮かびます。
 写真の対象(子ども、僕でしたら、花や蝶など)への思い入れが強いと、セロさんがいわれる空気感や雰囲気を写し込めるようです。

投稿: 岸見一郎 | 2008年11月 7日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音は消えても | トップページ | 父帰る »