« 心配ばかり | トップページ | 久しぶりの講演 »

2008年11月 8日 (土)

垂直離水

shall we dance?

 寒い日になった。ヴァイツゼッカーの研究会だったが、暖房が入らず(月曜にならないと入らないということだった)寒くて震え上がった。ボンでの講演から帰られたばかりの木村先生がことのほかつらそうだった。丁寧にテキストを読んでいくのだが、どの一文も誰からの指摘もないということはない。学生の頃、ギリシア語のテキストを読んでいた時と同じである。そして、実際、前にも書いたが、その頃一緒に読んでいた仲間がいることが不思議で、嬉しい。
 父が帰ってきて明日でようやく一週間になる。まだ慣れなくて、毎日、13000歩になる万歩計を見て、ため息をついている。車に乗ればいいのだが、それはそれでストレスがかかりそうではある。
 写真は白鷺。注意して近づいたが、気づかれこれから飛び去るところ。nice landingというコメントをもらったが、これは離水の瞬間。

|

« 心配ばかり | トップページ | 久しぶりの講演 »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

この写真を最初Flickrで見たとき、タイトルを見たからか「たっている」「踊っている」ように見えました。でも、今は「離水」とタイトルにあるので、こんどはもはや立っているようにはは見えなくなってきて目の錯覚というか思い込みというか、そういうのっておもしろいなあと思います。自転車はゆっくり乗れば安全にのれると思いますが、ダメですか?荷物も乗せられますし・・・

投稿: mari | 2008年11月 9日 (日) 11時53分

 私も自転車に賛成です。この際格好悪さは棚上げしてママチャリ後ろカゴ付き、三輪自転車も考慮にいれましょう。3段変則付きは体も楽だと思います。先は果てしなく長いです。小さなストレス程見逃さずにお大事になさってください。

投稿: ちばちゃん | 2008年11月 9日 (日) 14時34分

 バジリスクのように水面を走っているように見えます。
 それとも、「白鳥の湖」を踊る白鷺でしょうか。

投稿: | 2008年11月 9日 (日) 18時34分

 記名を忘れていました。
 ひとつ前のコメントです。

投稿: フィン・カ・ビヒア | 2008年11月 9日 (日) 20時34分

 コメントありがとうございます。
 この白鷺は、次の瞬間このまま向きを変え、飛んでいきました。その写真も撮りました。滑走する必要がないのは驚きです。
 自転車はもしも転倒した時に血を止まりにくくする薬を服用しているので乗らないようにしていました。でも、歩くのは平気としても(かなり疲れますが)往復に要する時間が惜しいというのは本当です。

投稿: 岸見一郎 | 2008年11月 9日 (日) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配ばかり | トップページ | 久しぶりの講演 »