« 昔のままの | トップページ | いつまでも »

2008年11月25日 (火)

介護認定調査

 昼から冷たい雨が降り出した。それなのに父は犬を連れて散歩に出かけるという。寒いからと外に出て行こうとしなければそれはそれで困ったことと思うかもしれないのだが。常よりも長く歩くことになった。
 この頃、日が経つのが遅く感じられる。父のところから帰ってからは疲れてしまってぼんやりしていることがある。介護認定の判定まで一月かかる。それまでは僕が頑張ります、といったものの、まだ遠い未来のような気がする。
 短期記憶の障害などに目を向けがちなのだが、安心することもある。この数日、疲れてしまって父の朝食の時間に遅れて行くことがあったが、朝はトースト一枚だけなので自分で用意して食べ終わっていた。その後かなりの時間が経ってからマーガリンが切れたので買っておいてほしいといったこととか、服薬管理を全部僕がしているのだが、ある時、僕が間違えてしまったことがあった。同じ薬を2錠出してしまったのである。同じのが2錠あった、というので飲んでしまったのかと動揺したが、2錠あったので1錠は飲まなかったことがわかって安堵した。
 大半の時間は同じテーブルで父は新聞を読み、僕は仕事をしているが、時々、昔の話をしたり、(ここまで24日分)
 今朝は雨も止み、いい天気になった。いつもの時間に行くと、ちょうど出かけるところだったようで、しばらく川辺を散歩する。朝食後、介護認定の調査員がこられるのを待つ。この数日、何度も今日のことをいっておいたからか(何しにこられるのだ、と何度も問い返したが)、身だしなみを整えていた。面接は一時間ほど。最初父からの聞き取り。後に、僕からの聞き取り。
 娘の大学への入学金を振り込みに一時帰宅中。金曜日に合格が決まったのだが、間三連休を挟んで水曜日までに振り込まないと入学を取り消すというのはどうかと思うのだが。今は10万円を超えるとATMを使えない。

|

« 昔のままの | トップページ | いつまでも »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔のままの | トップページ | いつまでも »