« 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(2) »

2008年10月 3日 (金)

いつまでも

butterflies' paradise ...

 出講する日は週に一日なのに、遠方なので一大イベントになってしまって、他の日に(本務校はないが)本業に向けるエネルギーと時間が足りないように思えてならない。通勤の時間もいらないので(日によって違うが)大体六時半から七時くらいまでに起き出して朝食を取った後、すぐにキーボードを叩き始めているのだから時間が足りないはずはないのだが。この頃はエネルギーに満ちあふれていて、すぐに仕事に没頭してしまうと、散歩に出るのが億劫になる。リハビリの一環なのでパスすることはできないのに。夏は早く出かけないと暑くてたまらなかったから、すぐに散歩したのだが、今は急ぐことはないと思ってしまう。この頃は二時間か、三時間、アドラーの翻訳をした後、出かけている。これくらい時間をかけると少しまとまった量を訳せるので、アドラーのいっていることを考えながら歩く。前は昼からもう耐えられなくなって、近所の喫茶店に行ったり(もちろん、仕事を持ち込んで)、京都市内の書店まで行ったりしたものだが、この一月は驚くほど勤勉で、夕方買い物に出かけるまで仕事をしている。
 今朝はモンシロチョウを撮ることができた。藤袴に集まる蝶たちもやがて見ることはなくなるのだろう。

|

« 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(2) »

Flickr」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

先生が、この頃はエネルギーに満ちあふれていて、と書かれているので、嬉しく思います。でも、無理をされませんように。

写真のモンシロチョウを見て、思わず、「かわいい」と言ってしまいました。私は、モンシロチョウが好きだな。

投稿: キューブ♪ | 2008年10月 3日 (金) 20時50分

キューブ♪さん
 ありがとうございます。今日は少し疲れたようで、ぼんやりしていました。
 モンシロチョウは僕も好きなのですがなかなか撮れないのです。「かわいい」といってもらって嬉しいです。

投稿: 岸見一郎 | 2008年10月 4日 (土) 19時20分

 みかんを食べ過ぎると手のひらが黄色くなるように、モンシロチョウの羽を裏からみるとキャベツのようで驚きました。車のコマーシャルで「あなたはあなたの選んだものでできていく」と言っていましたが、「今の自分は好きではない、もっと違う人になりたかったのに」と腹を立てても今の自分は私自身が選んできたもので出来上がっているのでしょうね。手も羽も裏返してみないと何を選んで来たのか解らないところが人生だなぁ、と思いました。

投稿: ちばちゃん | 2008年10月12日 (日) 20時08分

 モンシロチョウは英語ではcabbage butterflyキャベツ蝶というのです。
 これからも選び続けることができますよ。勇気がいるかもしれませんが。

投稿: 岸見一郎 | 2008年10月12日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(2) »