« 対人関係の課題を解決する7つの手法 | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) »

2008年10月 2日 (木)

absolutely fascinated by you ...

I am absolutely fascinated by you ...

 今日は朝雑誌原稿の校正を終えた後、カメラを持って出かけた。浅葱斑に会える場所に行くと、先にきている人たちがあった。挨拶をしている時に、浅葱斑が飛んできた。僕が名前をいうまでもなく、その中の一人が「浅葱斑!」といわれた。僕とは違って、この蝶のことも藤袴のこともはるかによくご存じなので驚いた。

|

« 対人関係の課題を解決する7つの手法 | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) »

Flickr」カテゴリの記事

コメント

昨日、この蝶を初めて見かけました。羽の形が雫形でとても優雅できれいな蝶だな~と思いました。その特徴もばっちり捉えられていて、ナイスショット!ですね!他にも、何種類かこれまで見たことのないような蝶がいました。なかなか止まってくれないので、写真に収めるのは時間と気持に余裕がないと難しいですが、蝶を追いかけるのは結構必死になって楽しいです。とはいえ、私はだんだん怒ってきてしまうので、引き際が肝心ですが。まだ、しばらく蝶は元気で飛び回っているでしょうね。

投稿: mari | 2008年10月 3日 (金) 09時03分

mariさん
 去年も藤袴が咲いているのを確かに見たのに、浅葱斑は一度も見た記憶がありません。いなかったわけではないでしょうが。ともあれ今年はこの蝶に会えて嬉しく思っています。
 蝶を追いかけていると怒るのですか? しかたありません。蝶たちは人間のために生きているわけではないのですから。カメラを向けるだけでもきっと平穏な生活を脅かしているのだろうといつも思います。

投稿: 岸見一郎 | 2008年10月 3日 (金) 09時25分

 この写真を見ると、中国凧はとても良く実物を模倣して作られていることに気付きます。この蝶の翅の質感、まるで、シルクです。

投稿: フィン・カ・ビヒア | 2008年10月 3日 (金) 10時20分

 この蝶の翅の質感をもっとよく写せたものもあるのですが、また載せるかもしれません。美しい蝶なので、Flickrの方でも見に来る人が多かったです。

投稿: 岸見一郎 | 2008年10月 3日 (金) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対人関係の課題を解決する7つの手法 | トップページ | 幸福と不幸を分ける「私自身」(1) »