« ほめる人は誰もいなかった | トップページ | わかりやすいということ »

2008年9月26日 (金)

手を伸ばせばそこに

fragile beauty ...

 朝、どしゃぶりでその上、雷まで鳴っていて、出かけることができなかった。
 浅葱斑の羽は薄い。羽の向こうにある藤袴が透けて見える(ようである、か)。9月24日の日記に載せた同じ浅葱斑の写真は少し離れたところから撮ったが、この蝶は近くにとまった。手を伸ばせば触れるほど。

|

« ほめる人は誰もいなかった | トップページ | わかりやすいということ »

Flickr」カテゴリの記事

コメント

 一枚の着物の文様を見ているようです。翅を透す光がきれいですね。

投稿: フィン・カ・ビヒア | 2008年9月26日 (金) 22時08分

 たしかにそんなふうに見えますね。

投稿: 岸見一郎 | 2008年9月26日 (金) 22時15分

 ???光を透しているということは、逆光ですよね?でも、フラッシュは使用していないように見えるのですが。
 翅の白っぽいところの光は、行燈から透けて見える明かりのようにも見えます。

投稿: フィン・カ・ビヒア | 2008年9月26日 (金) 22時22分

 フラッシュは使っていません。はっきり逆光といえる位置にあったとは思わないのですが、そのあたり今となってはよくわかりません。

投稿: 岸見一郎 | 2008年9月27日 (土) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほめる人は誰もいなかった | トップページ | わかりやすいということ »