« The storm is coming ... | トップページ | 生きている水 »

2008年9月 5日 (金)

子どもに協力する

 子どもを援助できるためには、普段からそのことを可能にする関係を築いておかなければならず、そのためには、まず子どもを尊敬するということ、次に、子どもを信頼するということについて考えてきました。今回はさらに、親と子どもが協力して生きるということについて考えてみます。
 子どもには、親でも代わることができない、自分で解決するしかない課題があります。子どもがそのような課題に直面している時、親は基本的には見守るしかありませんが、自力では解決できないこともあるかもしれないので、そんな時にそなえて「何か手伝えることがあったらいってね」といっておくことはできます。そして、もしも、子どもの方から何らかの援助を求めてくれば、可能な範囲で手伝うことはできます。これが子どもに協力するということの一つの面です。可能な範囲でというのは、例えば、子どもの代わりに親が勉強するわけにはいかないからです。
 大事なことは、親は、子どもからの援助の依頼がなければ、動くことはできないということです。あるテレビドラマで、息子の妻が妊娠したことを知った姑が、彼女が勤務する会社に行って、今は身体が大切だから、と海外出張のスケジュールを取りやめにしてほしい、と頼む場面がありました。大方の人は、姑のこの行いを笑止と見るでしょうが、子どもに対してこれと同じようなことをしていることに気づいている人はどれだけいるだろうか、とふと思いました。
 親が勝手に動いてはいけないのは、一つには、子どもの課題は基本的に子どもしか解決できないからですが、もう一つは、親といえども、実は子どものことを本当に知っているとは限らないからです。「この子のことは、親の私が一番よく知っている」という人があります。そういう親も、自分が子どもだった頃、親から同じことをいわれて反発を覚えたことはないでしょうか。親子に限らず、他の人のことについては、自分に引きつけて推測することはできますが、はっきりしたことはわからないことは多いように思います。間違った判断をするくらいなら、子どもの言動について疑問に思うようなことがあれば、率直にたずねることをお勧めします。
 協力するということについては、さらに次のような面もあります。子どもと関わる場面でどうしていいものかわからないという経験をしたことがない親はいないでしょう。そんな時も、子どもがしていることで、親が困っているということ、例えば、朝起きるのが遅いというようなことについて、率直に話し、子どもに協力を求めることはできます。そうすれば、子どもの方から解決策を提示してくることもあります。
 子どもについてわからないことがあっていいのです。わからないからこそ、そのことについて、子どもにたずねてもいいわけですし、たずねられる関係が築かれていなければ、子どもの援助はできません。子どもの方も、どうしていいかわからないことがあるはずです。そんな時、子どもが何とかして自力で問題を解決できることは望ましいことですが、親が子どもに協力を求めていいように、それ以上に困っている時に、子どもは親に助けを求めてもいいわけですし、少なくとも、この親なら相談に乗ってくれそうだと思ってもらえるような親になりたいものです。
(『ぷろぽ』2007年10月号)

|

« The storm is coming ... | トップページ | 生きている水 »

アドラー心理学」カテゴリの記事

コメント

 母の入院中に同室の年配女性が息子さんに結婚のご縁が無いことを心配して、地元の結婚相談所に登録にいったら、受付で息子さんはもうずっと前から会員です、といわれた・・・という話を聞きいたことがあります。その後、息子さんはどのように反応されたのか、気になったのですが幸い?もめるようなことにはならなかったようですが。いくら、心配でもやっぱりなんでも勝手にやってはいけない、というのは先生のかかれている姑さんのお話やこの話みたいに、驚くような話ではなくてもっと些細な事も、原理は一緒なのでしょうね?!

投稿: mari | 2008年9月 5日 (金) 17時57分

mariさん
 僕だったら怒りはしませんがあきれるかもしれません。だって、親が結婚するわけではありませんし、親が子どものパートナーを探すという発想も理解できません。もちろん、このような話に限らず、親は子どもの課題に介入しすぎだと思います。

投稿: 岸見一郎 | 2008年9月 5日 (金) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The storm is coming ... | トップページ | 生きている水 »